本名 田中宏明
1957年大阪生まれ。
関西大学工学部管理工学科卒。
現在、神戸市在住。
一男一女の父親。

大正3年創業の物流企業を経営する経営者の長男として生まれる。
現在、その物流会社の役員を勤める。


●紫微斗数とのご縁について

三合派の紫微斗数は、平成20年から21年にかけて、毎月1回、神戸より東京の原宿まで通い中島多加仁先生より習得。
同じ頃、村野大衡先生より台湾上機派紫微斗数の初級を伝授される。

平成24年、台湾に行って蔡明宏老師、徐曾生老師の著書と出会い、飛星派の紫微斗数の斬新で論理的な教えに深く興味を覚える。

平成25年1月、マレーシアに行き、鄭莉安老師より飛星派の四化飛星紫微斗数を伝授される。
同年5月に鄭莉安老師の師匠である台中の陳永瑜老師を訪問。
以後、毎月、陳老師より最新の飛星四化派の紫微斗数の伝授を受けるため来台。
システマティックなその教学に驚嘆し、また今世の生まれてきた目的まで明示してくれる飛星四化派の紫微斗数に深く傾倒し、今後、この教学の研鑽に努めようと決心する。

平成23年12月、兵庫県芦屋市に芦屋占い処・占風鐸を開設。
現在、本業の仕事の傍ら、懇意の占い師の仲間と共に、芦屋占い処・占風鐸にて各種占術の鑑定や教授、研究会を開催運営中。また日々、紫微斗数や四柱推命はじめ各種占術の自己研鑽に鋭意奮闘中です。


●四柱推命とのご縁について

21歳のときに亀石黒乱謳カの大乗推命学会に入会し、大乗推命学会大阪教室(大阪駅前第二ビル内)にて亀石先生より「現代看法の四柱推命学」の指導を受ける。
3年間の指導を経て、大乗推命学会師範免許を取得し、雅号、田中風州を頂戴する。
平成14年、大乗推命学会教学博士の称号を拝受。
 
拡大画面へ

四柱推命学は大乗推命学会の現代看法のみならず、見上槐山先生の調候用神法、緒方泰州先生の泰山流、佐藤六龍先生・平岡滴宝先生の透派など他流派の諸先生方の書籍も熟読。
また、高木乗先生の「生日時断課」を手に入れ、高木命理学の一端に触れる。
流派にとらわれない姿勢を心掛けています。


●今後の計画について

わたくしの四柱推命の師であった亀石黒乱謳カ(平成23年没)は、常々、四柱推命は「万人活学の人間学」と云われていました。
四柱推命は陰陽五行を基本とした東洋哲理の根本の教えにも通じるものと思います。

しかしながら、四柱推命の習得は、多大な時間と労力を伴います。
また、日本の四柱推命は複数の流派があり、かつ同じ流派内でも違った理論がまかり通っています。
お叱りを覚悟の上で申し上げれば、閉鎖的で、ある意味排他的な日本の四柱推命の大家と言われる諸先生方に対して、失望感を禁じ得ないのが偽らざるわたくしの心情です。

その点、紫微斗数は日本での歴史は浅く、とくに飛星派の紫微斗数はこれから本格的に日本で普及していくものと思われます。
わたくしは飛星四化派の紫微斗数の教学の研鑽に努め、多くの有為の運命学愛好家にこの素晴らしい教えを広めてまいりたいと願っています。


●最後に
ホームページトップにご紹介しています
書籍「ふしぎな記録」のシリーズ本は、紫微斗数や四柱推命を学ばれる方は人助けのために、それ以外の方でも自己修養のために、是非、お読みいただきたいと願っています。
これらの書籍には、神理の教えが記されています。
いかなる占術を利用しても、神理の教えを学ばなければほんとうの幸福は得られないと思うからです。


★お奨めの書籍★
いままで読んだ多くの書物の中で、どれか一冊だけあの世に持って行ってもいいといわれれば、わたくしは迷わずこの本を選びます。
「ふしぎな記録」第二巻(金の巻)はお金の不思議な話と神理の法則のひとつ「えんの理」について書かれています。
この世に宗教宗派がまだなかった時代でも
神理(真理)の法則は永遠に存在しています。
宗教・・・といえば、抵抗のある人でも是非お読みになられることをお奨めいたします。

その他の神理の書物は↓
http://e-suimei.com/fushigi-kiroku.htm
アマゾンで購入

(C) 2003-2012 芦屋占い処・占風鐸 代表 田中 風州
〒659-0092 芦屋市大原町4-12 ビューコート芦屋403

トップページへ戻る